神経にくっついた親知らずを抜く【いや、抜いてない】

日記
スポンサーリンク

こんにちは、ききです。

今回は私の親知らずの話です。

何年か悩んでいたことなので、もし同じように悩んでいるかたがいたら参考になるかと思い書きました。

親知らずがあごの神経とくっついていて、抜くのをためらっている方に読んでほしいです。

スポンサーリンク

親知らずが出てきた

現在37歳の私ですが5年ほど前から気になっていたことがあります。

左下の親知らずです。

32歳くらいの時に出てきて、こんな年でも歯って生えてくるんだなーと感心しながら歯医者さんへ。

抜いてもらう気まんまんでしたがレントゲンを撮ってみると、親知らずの根元があごの神経にしっかりくっ付いていて、抜くと神経を押して唇にしびれが残ると言われました!

それも何年しびれが続くかわからない、しびれが治るかもわからない、歯医者さんもあんまり抜きたくなさそう、、、

こわこわこわー!!!

と思った私はとりあえず抜くのを先送りにし、先の細い歯ブラシなどを使って親知らずが虫歯にならないようにしておりました。

↓こんな歯ブラシ。私のような歯並び悪い人にもおすすめ。

 

その後、夫の実家の田舎への引っ越しや三人目の妊娠出産があり歯の事は4年ほど放置。

しかしのこの親知らず、斜めに生えていて隣の歯を押してるし、生えかけでとまっているから食べ物が詰まりやすいしでかなりストレス。
時々まわりが腫れるのか、乗っかっている歯茎を噛んだりもしていました。

もう口がしびれてもいいから抜いてやろう!!
と思い、かかりつけの歯医者さんから口腔外科への紹介状を書いてもらい行ってまいりました。

親知らずの根は抜かなかったよ

口腔外科にて改めてレントゲンをとり、やはり歯のねもとが神経にしっかりくっ付いているので抜いたらしびれが残るだろうとのことでした。

しかし最近のトレンド?と言いますか、比較的新しい治療法は、生えてきている歯の頭だけ取って根元を残す方法だそうです。
残した根本は少し神経を削って蓋をし、その上の歯茎の傷口を縫い合わせるので親知らず自体は見えなくなります。

そして3か月後にレントゲンを撮り、もし歯の根元が生える方向に進んで神経から離れてきたら改めて抜歯できます。

年を取ると歯の生えようとする力は鈍くなるので進むかどうかはわかりませんが、この方法で45歳の方が抜歯できたそうです。(主治医談)

もし神経から離れなくてもそのまま骨になる?(ちょっとこの辺は詳しく突っ込んで聞かなかったのですが、先生がそんなニュアンスの事を話していました。)ようなので大丈夫だそうです。

 

ここ3、4年前くらいから主流になってきた治療法で、学会とかに行かない先生は知らないとか、、、

 

もし、『抜いてしびれが残る or 残して虫歯リスクと戦う』の二択しか知らない方は、一度別の歯医者さんで相談してみるといいですよ。っという話でした。

 

 

普通の親知らず抜歯との違い

この抜かない治療、普通に親知らずを抜歯するときと何がちがうか?というと、あまり違いがないように思います!!

抜かないとは言っても根元を抜かないだけで歯の頭は切ったり削ったりして取るので立派な抜歯手術です。

しっかり麻酔をしてウィンウィン・ガシガシ・ミシミシしていきます。

わたしは途中、(キーンとツーンと)少し痛みを感じると伝えたところ、たぶん麻酔を追加してくれました。ここはがまんしないほうがいいです。

 

腫れ・痛み・あごのあたりにあざができるかもしれないなどのリスクもあります。

また、もし残した根本の歯がしばらくしても痛くてしょうがない場合にはしびれが残る覚悟で抜くしかないと言われました。

 

わたしの場合、料金は\10,010でした。親知らずを普通に抜歯するのでも1万円くらいかかると言われていたので料金もそんなに変わらないんじゃないかと思います。

抗生物質と痛み止めのお薬が5日間分処方され、次は1週間後に来てくださいとのことでした。

(2021年7月16日追記)

術後は傷口が気になり、痛みもあったので5日分の痛み止めは(お守りの一個を残して)飲み切りました。
術後4、5日たってもなんとも言えない頬や耳のあたりの痛みがあり不安だったのですが、一週間後に抜糸をしに行ったら不快な痛みがとれてすっきり。糸で縛られていた影響で変な痛みがあったようです。
あごにしびれなどは出ておらず、次は一か月後に来るように言われておわりました。
一応痛み止めを追加で処方してもらいました。

傷口は治っていて少し残っていた痛みも日々薄れていったのですが、歯を抜いた後の穴がぽっかりとできています。
食事をするたびにその穴に食べ物やご飯が入って気持ち悪い。
食後にうがいを一生懸命して何とか取り除いていました。

 

その後一か月が過ぎ検診に行きレントゲンを撮りました。
先生の説明によると少し歯の根っこが神経から動いたようです。
わたしも見せてもらいましたが、違いがよくわからず、、、たぶんほんの少し動いただけだと思います。

次は三か月後にレントゲンをとり、その様子を見て今後を決めることになりそうです。
ぽっかり空いた穴は「もう少し平たくなるとおもうけどなー」と先生は言っていました。
確かに抜歯後すぐよりは穴は小さくなっています。
でも高確率でご飯粒がすっぽりおさまってしまいます。

 

 

 

まとめ

  • 神経と絡んだ親知らずは根っこを残し頭だけ取る治療がある
  • 頭だけ取ったら根元が生え進んで抜歯できるかも
  • 普通に抜歯するみたいな感じで手術
  • この治療法を知らない先生もいる

わたしの場合、5年ほど前に行った最初の病院では抜くか残すかの二択しかありませんでした。

しびれが怖くて何年も放置してしまいましたが、その結果今回この治療ができました。

まだ抜いたばかりなのでこれからどうなるかわかりませんが、もし進展があったらまたお話ししたいと思います。

 

 

歯並び悪いのでフロス必須。
クリニカのY字フロスは使いやすくて強くて、安いやつよりコスパが全然良い!
色も3色入ってるから家族でも使いやすい。とってもおすすめ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました