【三人子持ちママのリスト】二人目以降の出産準備 買い足したもの買わなかったもの

赤ちゃん
スポンサーリンク

こんにちは!kikiです。

二人目以降の妊娠て、上の子もいるし準備するものって変わってきますよね。

何が必要で、何がいらないか考えなくてはなりません。

でもできるだけ最低限の買足しで済ませたくありませんか?

こどもが増えるとお金がかかる!

わたしには7才女の子・5才男の子・1才女の子の三人のこどもがおります。

そんなわたしの二人目以降の出産準備品や気を付けたことをまとめました。

・二人目・三人目を妊娠したけれど、何を買い足したらよいだろう?
・二人目・三人目の妊娠だからこそ必要なものは?
・最低限の買い足しで済ませたい!

と思っている方に読んでいただきたいです。

ちなみにわたしは二人目も三人目も冬に出産しています。

夏に出産予定の方には参考にならないところもあるかもしれません!

スポンサーリンク

二人目以降の出産準備に必要な赤ちゃん用品は?

肌着

私の場合はもらい物のお古があったのでできるだけそちらを使い、足りなそうな分だけ買い足しました。

短い肌着、長い肌着、プレオールかカバーオールをそれぞれ5枚以上になるように買い足しましょう。

ちなみに私の場合は出産で入院中、洗濯物は自分で病院内の洗濯機で洗っていました。
赤ちゃんの服は3組持って行ったのですが、ローテーションがギリギリになってしまいました。

わたしと同じように病院内で洗濯予定の方は、4組ほど持っていくことをおすすめします。

 

スタイ・ガーゼ

スタイはお古やもらい物はありませんでした。

出産後様子を見て、よだれが出るようになってから西松屋で三枚セット購入。その後四枚、四枚の八枚追加購入。

汚れが激しいので古いものは捨てていきます。

よだれがほとんど出ない子もいるので様子を見ながらでよいと思います。

ガーゼはお古があったのですが、洗っても落ちない汚れがあったので何枚か処分し、10枚くらい買い足しました。

哺乳瓶・ミルク

哺乳瓶は様子を見て買い足すでよいと思いますが、産後の買い物を人に頼めない環境なら二本用意しておくと安心です。

私の場合、上の子の哺乳瓶は処分してしまっていたので手持ちはありませんでした。
退院直後は病院からもらった小さい哺乳瓶だけで様子を見て、結局200mlのガラス製の哺乳瓶を買い足しました。

買ったのはピジョンの母乳実感。口コミ通り哺乳瓶を嫌がりにくかったと思います。

上の子の時は消毒薬で殺菌していましたが、3人目の時はレンジで殺菌するタイプのものをもらったので使っていました。

薬品を使うとどうしてもにおいがついてしまいますが、レンジのタイプだとにおいが残らないので赤ちゃんが嫌がりにくかったと思います。

ミルクも様子を見てからの購入でよいと思います。ミルクで育てると決めている人は先に購入しておくとよいと思います。

私の場合は下の子になるほど母乳が出なくなり、三人目の時が一番ミルクを追加してあげていました。
そのため小さい缶のミルクを買っていました。

 

調乳ポット、搾乳機は使っていません。私には必要なかったです。

 

ベビーバス・湯温計

上の子のものがあればそれを使って、なければ準備しましょう。
ともだちで持っている人を見つけて借りてもよいと思います。

わたしは上の子のものがあったので、そちらを使いました。

上の子のものを使うときは事前に破損などがないかチェックしておきましょう。

ベビーシャンプーは泡で出るタイプがさっと洗えておすすめです。

上の子も一緒にお風呂に入れる方も多いと思うので、できるだけ素早くできるようにここは便利なものを使ったほうが良いと思います。

爪切り・体温計

こちらも上のこのものがあれば買い足しは必要ないと思います。

体温計は10秒で測れるものが便利です。たまに「本当にこの体温であってるのかな?」と思う時もありますが、赤ちゃんはじっとしていてくれないので、とりあえず一つは持っておきましょう。

わたしは10秒で測れるものと30秒くらいかかる病院用のものを使い分けています。

耳で測るやつは使えなかったです。

ベビーベット

上の子がいるから避難場所に、というママさんもいますが私的には必要なしです。

バウンサーかハイローチェアで十分かと。

バウンサー・ハイローチェア

わたしは兄弟からバウンサーを借りたのでそれですごしていましたが、ハイローチェアをレンタルで使いたかったなと思います。

赤ちゃん布団

もともと赤ちゃん用の布団はなくても大丈夫だと思っていたので準備していません。

私の布団に新しいバスタオルをひいて寝かせたり、バウンサーに寝かせたりしていました。

必要に思う方は準備されるとよいと思います。

 

ベビーカー チャイルドシート

上の子のものを使うと思うので破損がないか点検したり、掃除をしたりしておきましょう。

出産してからじゃそんな時間ないと思いますよ。

そして上の子がまだ必要そうならジュニアシートを用意しておきましょう。

我が家はジュニアシートを買い足しました。

 抱っこも

私は上の子の時に購入したエルゴを使っています。

下の子が首が座らないうちはほとんど出かけませんでしたが、どうしても出かけなければいけないときはインサートを使っていました。ほとんど使いませんでしたがインサートは必要でした。

だいぶボロボロで本当は買い換えたいです。

個人的には抱っこひもは毎日使うものなので、機能が良いものを選ぶことは重要だと思います。

エルゴは高いですがすごく進化していて、知れば知るほど買い替えたくなる、、、

上の子がいると出かけないわけにもいかないので、新生児期から使えるベビービョルンもよさそうです。

私自身(ママ)に必要だったもの

パジャマ

わたしの出産経験上、大体のママさんは退院してからもしばらくパジャマのまま一日を過ごすこと思います。
でも上の子がいるとずっと寝ているわけにもいかなくなります。

そんな時におすすめなのがユニクロのフランネルシャツワンピース。これにマタニティスウェットやスパッツを合わせて着ていました。

シャツワンピースは前ボタンなので授乳もしやすく、お腹まわりはゆったりで楽です。
ゴロゴロしていてもフランネルはシワが目立ちにくいので、ちょっとしたお客さんが来てもそのままで出られますし、近所へのお買い物ならそのまま行っていました。

何よりマタニティパジャマってやぼったくて買う気になれないんですよね。

とこちゃんベルト

わたしはもともと子宮の位置が低く、切迫早産になりやすい体のようです。
そのため助産師さんにとこちゃんベルトを教えてもらい二人目妊娠中から付けていました。

とこちゃんベルトは骨盤のゆるみ,ゆがみによる不調を整えてくれます。
ベルトが直してくれるというよりは、自分の筋肉で子宮を正しい位置に戻すように助けてくれるという感じです。

切迫早産でも上の子がいるとずっと安静に寝ていることなんてできません。

わたしには必須アイテムだったのですが二人目出産後に友達にあげてしまったので、三人目を妊娠した時に購入しなおしました。

妊娠初期はとくにベルトが上にずり上がりやすいので、ズレ防止パーツも購入しました。
このズレ防止パーツは、一度使うと使わないなんて考えられないほど便利です。特に働いていてそれなりに動く人には必須だと思います。

腹巻も一緒に購入しました。

 

2人目だからこそほしいものを考えよう

二人目以降の妊娠・出産は経験があるので心に余裕がありますが、上の子がいる分段取りよく準備しておく必要があります。

一人目の時には購入を見送ったものでも、今回は便利グッズや時短グッズを購入して、上の子にもママさんにも負担の少ない環境を整えてあげましょう。

ハイローチェア

ベビーベッドほど場所を取らず、バウンサーよりも高い位置に赤ちゃんを寝かせて置けるハイローチェアは上の子がいる環境におすすめです。

ゆらゆらすると赤ちゃんが眠りやすいので、上の子とのスキンシップの時間確保にもなるかもしれません。

購入すると場所をとるのでレンタルがおすすめです。

赤ちゃんの水

ミルクを作るときに、冷ましたり湯冷ましを作る時間の節約になります。

地味に便利かと思うのでミルク派ママは準備しておきましょう。

わざわざ調乳ポットを用意しなくても普通のポットと赤ちゃん用のお水で十分かと思います。

ウォーターサーバーも今更ですがよいですね。

 

まとめ

現代はネット通販が進化しているので赤ちゃんの消耗品以外は様子を見ながらの購入でなんとかなると思います。

わたしは様子を見すぎて買わないままだったものがいくつかあります。

なくてもなんとかなるんです!

今回紹介したのはあくまでもわたしの場合なので、それぞれの生活環境にあわせて準備するものを検討してみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました