【1歳前後の絵本】読み聞かせ 人気本の中からおすすめを紹介します

こども
スポンサーリンク

こんにちは!kikiです。

 

お子さんが1歳をすぎたら言葉も覚え始めてますますかわいくなってきますよね!

かわいいお子さんの言葉の発達をうながすためにも、たくさんの絵本を読んであげましょう。

 

この記事では1歳前後のお子さんにおすすめの絵本をご紹介します。

 

わたしは七歳の長女が1歳のころから小学校入るまでほぼ毎日読み聞かせをしてきました。

本好きに育った長女は、今では自分で毎日本を読んでいます。

 

わたしが実際に購入したり貰ったりして子供たちに何度も読んだ本をご紹介します。

 

どれも定番の絵本ですが、定番の中でもいろいろあって迷ってしまう方のために厳選しました!

お友だちのお子さんへのプレゼント選びにも参考になると思います。

 

スポンサーリンク

1歳過ぎたら読み聞かせを積極的にしてあげよう

子供が1歳をすぎると、大人の言葉や行動に対する反応が増えてきて日々の成長の早さにこちらが驚いてしまいますよね。

そんなお子さんの成長をよりうながすためにも読み聞かせを積極的にしてあげましょう。

絵本をよんでも全然見てくれなかったり、本をいじって読ませてくれない子もいると思います。
うちの子もそうでした。

でも子供ってほんとうに日々成長していて、昨日までできなかったことが次の日にはできるということがたくさんあります。

昨日は興味なかった絵本も今日は楽しそうに見てくれるかもしれません!

うちの子は聞いてくれないから、、、と絵本を読まないでいるのは子供の脳をグンと発達させるチャンスを逃していてもったいないと思うのです!

聞かせようと必死になる必要はありません。
毎日の中でちょっとした時間に絵本を読んであげてみてください。

読み聞かせは子供の脳の発達だけではなく、読み手側の脳も刺激してくれるそうですよ。

 

おすすめは寝る前に読んであげることです。

絵本を読んだら寝るというリズムもついて、寝かしつけもスムーズになるかもしれませんよ。

 

1歳前後 おすすめ人気絵本

わたしがこどもたちに読んであげていた人気の本です。

 

ごぶごぶごぼごぼ



うちのこは初めて読んだときからじっと見ていました。

はっきりした色や不思議な音にくいついていました。

お腹の中の音を再現した擬音が使われているそうです。

0歳からおすすめですが、1歳からでも十分楽しめると思います。

 

もこもこもこ


大人には意味不明な絵と言葉が並びますが、こどもにはたまらない音のようです。

読み方しだいでいろいろな変化がつけられておもしろいですよ。

谷川俊太郎さんの絵本はどれも読んでいてリズムがよく、たのしくなります。

 

 

くつくつあるけ


作者の林明子さんは有名絵本作家さんで、すてきな本がたくさんあります。

優しくて暖かい絵が大好きです。

くつの絵だけのお話ですが、くつに表情があるように見えてきます。

 

 

くだもの

リアルな果物の絵が優しく描かれています。

果物と、その果物が切り分けられ「さあどうぞ」と差し出される絵がが並ぶだけなのに、こどもは絶対はまります。

最初は聞いているだけですが、何度も読むうちに食べる真似をして楽しみました。

何度読んだかわからないくらい繰り返し読みました。

 

 

ノンタンおしっこしーしー

 

トイレトレーニングとまではいきませんが、トイレに関する知識や擬音を覚えるきっかけになってくれます。

ノンタンにハマらない子はいないのではないでしょうか?

わたしが保育園に通っていたときも大好きでした。

赤ちゃん向けのシリーズと幼児向けのシリーズがあるので注意しましょう。

 

もうねんね

こちらも定番の赤ちゃん絵本シリーズの1冊です。

娘はこれを読むと寝るまねをしたりしていました。

ねかしつけにもおすすめです。

我が家でも毎日この本を読んでから寝ていました。

「松谷みよ子 赤ちゃんの本」シリーズははずれがありません。

有名な「いないいないばあ」や、ちょっとマイナーな「のせてのせて」もおすすめですよ。

 

 

がたんごとん

うちの子は最初読んであげたときは興味なくまともに見ていませんでした。

しかし、しばらくしてから読んであげると反応が変わり、お気に入りの本になりました。

きかんしゃの本ですが、切り絵のような絵で男の子にも女の子にもおすすめです。

 

 

くっついた

題名の通り、いろんな動物がくっつきます。

最後には赤ちゃんと家族がくっつくのですが、うちのこもくっついてきてくれてかわいいですよ。

スキンシップがばっちりとれます!

 

どうぶついろいろかくれんぼ

どうぶつがかくれているような作りになっている絵本です。

動物の形がくりぬかれているところも子供の興味をそそります。

ページが分厚いので、こどもがが荒く扱っても破れないところもポイント高いです。

 

しろくまちゃんのホットケーキ


しろくまちゃんがお母さんと一緒にホットケーキを作るお話です。

「しゅっ ぺたーん」など、ホットケーキを焼く音が楽しい擬音で表現されています。

何度も読んでいるとこどもがまねして読み始めます。

ストーリー性もあるので長く楽しめる本です。

 

いないいないばああそび


「あかちゃんのあそびえほん」というシリーズの中の一つです。

本の中に出てくる動物たちがいないいないばあをするめくりじかけになっています。

木村祐一さんの絵本はこどもみんなが大好きになります。

こどもの心を掴むのがうまいなあと感心します。

こどもが荒くめくっても破れにくいところもおすすめポイントです。

 

プレゼントをさがしているなら

もしお友だちのお子さんやお孫さんにプレゼントとして絵本をさがしているなら気を付けてほしいことがあります。

それは「すでに持っている絵本ではないか」ということです。

いままで紹介した本どれをプレゼントしても喜ばれることは間違いないと思うのですが、人気の本だからこそすでに持っているものと被ってしまうということがあります。

そんなのしょうがないことだし、お互いに気にしないならよいと思うのですが、どうせあげるなら被らないほうがよいですよね?

そんなときにおすすめなのがワールドライブラリーの「赤ちゃんしかけ絵本 3冊セット」です。

ワールドライブラリーの本は近所の本屋さんで売っているということがないので、プレゼントして被る確率はかなり低いと思います。

ラッピングもしてくれるのでプレゼントにぴったりです。

かわいい絵と、はっきりした色合いと、こどもが好きな仕掛けがある絵本です。

まとめ

人気な絵本の中から1歳以前後におすすめなものをご紹介しました。

もしまだ読んであげたことない本があったらぜひ図書館でも中古でもよいのでお子さんに読んであげてみて下さい!

絵本は子供にはもちろん、読んでいる大人の心も豊かにしてくれるので、積極的に読んであげましょう。

こどもへの読み聞かせをきっかけに、自分もどんどん絵本が好きになりました!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました