長男がチャレンジタッチを辞めた理由5つ

こども
スポンサーリンク

1年ほどチャレンジタッチを受講していた小学校二年生の長男ですが、この度解約いたしました。

チャレンジタッチを受講しようか考えている保護者さん、または解約しようか考えている保護者さんの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

チャレンジタッチを辞めた理由5つ

うちの息子がチャレンジタッチを辞めた理由は以下の通りです

・声掛けしてもやらない

・やってもメインの学習ではなく遊びに近いアプリ。少ないブロックを動かすだけのプログラミングや動物の動画鑑賞。学校の決まりみたいな動画とか、動画は無数にあります。

・受験を考えていない。成績アップを目標にしていない。

・宿題さえ終わらせるのに苦労している(親が)

・管理できないこと、無視されること、おもちゃ類が散らかる・増えることへイライラ

 

特に説明する必要もないですよね。みなさんのお子さんに当てはまりそうかどうかは、みなさん自身がよくわかるかと思います。

 

息子は保育園年長児の12月から小学校2年生の4月号までチャレンジタッチを受講していました。

最初のころはやる気に溢れていましたが、学校生活に慣れるにつれて勉強はめんどくさいと感じるようになったようでなかなか向かってくれなくなりました。

ただの声掛けだけではなく、電源を付けて置いてみたり一緒にやったりするとよいそうですが、両親ともに働いており毎日一緒に学習する時間は取れない状況でした。

時に一緒に学習しようとしても中々進まずこちらのイライラが増すばかり。難しくて進めないのではなく、やる気が出なくて進まないのです。そこをやる気にさせるのが親の仕事なのですがそう上手くはいきません。宿題も終っていないのに、、、、。

もともと受験は考えていないですし、無理やりやらせても勉強嫌いになってしまいそうだなと。今の私と長男には消化しきれないと判断し解約を決めました。

そもそもなぜチャレンジタッチを受講し始めたのか

我が家は田舎で幼稚園や小学校や中学校で受験はありません。そもそも勉強に対する意識が低い環境に暮らしており、私自身も正直勉強や学歴に対する意識は低いです。

それなのになぜ受講し始めたか。1番の大きな理由は
・「新一年生4月号入会で、小学校準備号12月・1月・2月・3月号は受講料無料!」
・「今ならクリスマス特別ボックスでお届け!!」
・「さらに今なら最低受講数1か月でOK!!!1ヶ月で解約してもタブレット返却不要!!!!」
というお得感満載なDM見てしまったからです。もし1ヶ月でやめたとしても年長の12月から小学校1年生の4月まで受講できて支払金額は3980円。そしてタブレットがもらえちゃう、、、お得じゃん!!と。そのころ年長だった長男。何も習い事をしていなかったこと、豪雪地帯の冬でなかなか外に出られない状況だったこと、さらに新型コロナウイルスの流行があるころで外に出にくかったことと細かい理由も重なりました。あまり長く続けるつもりはなく、1ヶ月でやめてタブレットをゲットできれば良い、もし本人がやる気になったら続けてもよいとう気持ちでした。他社通信教育とは比較しなかったです。成績を良くしたいというより
家庭学習の習慣を付けられたらよいなと思っていました。

辞めた後のタブレットはどうするかまで調べて『チャレンジタッチはアンドロイドタブレット化できるらしい』という情報も確認していました。実際使った感じではスペック低そうだし、重いし、アンドロイド化しても使わなくなることが想像できたのでするつもりはありません。またチャレンジタッチを受講したくなるかもしれないのでとりあえずこのままです。

チャレンジタッチを受講してみての感想

年長の12・1・2・3月号のころは、正直「こんなもんなの?」ってくらい内容が少なく感じました。本人も最初はやる気が溢れているけど、やることが少ないからすぐに終わってしまっていたかな。それも遊びっぽい内容で、文字を書く練習や計算をするというのは無かったと思います。(記憶には自信はありませんが)今考えると、このころは入学準備号で受講料無料期間なので仕方ないかなと。最初から「勉強!!」って感じにしないための配慮かもしれません。小学口座が本格的に始まってくると中身がどんどん変わっていって、内容も増えていきます。最終的には親が把握しきれないくらいできることやコンテンツが多くなりました

タブレットにしてよかったことはマルつけしなくてよいことと、赤ペン提出もメールを送るようにできるので、郵送する手間が無い。毎月テキストが増えないので片づけが楽だというのも大きなポイントです!

丸つけに関しては、しなくてよいのは楽なのですが、逆に言うと理解しなくても息子だけでどんどん先に進めることができてしまうので、勉強している意味あるのかなという機能にもなってしまいます。親が一緒に見てあげられるとよいのですがね。

キメツの刃とのコラボ企画もあり、正しい答えを選ぶとキメツのキャラが鬼を倒して点数が上がっていくみたいなアプリが配信されたときは本人も喜んで取り組んでいました。こうゆうことができるのはさすがベネッセと思います。キメツコラボのひらがなかたかなポスターや薄っぺらい問題集も届いて喜んでいました。やり切ったかは確認できていないです。。。

1年生の最初のころに1から10までの足し算を歌ってくれる腕時計みたいなものが届き、夏休みには氷の科学実験が届き、2年生の4月号では九九ソングバンドが届きました。どれもそれなりに喰いついて歌ったりしていましたwただ息子はなかなか片付けてくれないので、いつもその辺に転がっていてイライラしました。子供が喰いつくように考えているなと感心しつつ、おもちゃ増やさないでくれよとも思っていました。

うまくやれば先取りの学習もできると思いますが、中学受験するとなると物足りないのではないでしょうか。毎日少しでも家庭学習・自主学習する習慣づけや、勉強に楽しく取り組むという目的には合っていると思います。うちの子にはそれで十分でした。

受講費は私は高くないと思います。1ヶ月だけで解約だと3980ですが、12か月分一括で支払うと1カ月当たり3180円です。(数年前までは3000円切っていたような気がします。学年が上がると受講費も上がります。)塾に通わせるとなると安くても5000円、1万円くらいは平気でかかるイメージです。それに送り迎えもしないといけません。

しかしチャレンジタッチは通信制なので親の声掛けや、一緒にやったりとか充電してあげたりとか、手間をかけてあげないとちゃんと学習できるか難しくなります。もちろん本人が勉強好きで、進んでやるタイプならとても合っていると思いますが、そういう子ばかりじゃないですよね。少なくともうちはやらないほうでした。その辺費用と子供のやる気と親がどれだけ見てあげられるかのバランスは各家庭で違うもので、実際に受講してみないとわからないことです。やる前から悩んでしょうがないので、とりあえずやってみて、本人やらなし、管理もできないなってなったら解約すればよいかと思います。

【進研ゼミ小学講座】

解約後の習い事とか

解約後も特に習い事はしていません。

放っておけば宿題はしないで次の日平気で学校へ行ってしまうタイプです。

本人がやらなくてはけないことを、自分のやらなくてはいけないことと認識してほしいのですが、いまだそのようには感じられない状態です。もう少し大きくなったら、意識も少し変わるかなと期待しながら日々声掛けを工夫しております。自分もなかなかやる気がない子供だったしなぁ。

 

長男は体を動かすことが好きなのでそういった習い事をさせてあげたいと思っています。何をするにも車での送り迎えが必須になるので重い腰が上がりません。ベネッセでもオンラインダンスレッスンがあったのでそちらに興味をひかれています。私が。

↓ダンスレッスンのほかにアート、そろばん、習字のオンライン習い事がありました!!
チャレンジスクール

チャレンジのダンスレッスンはエイベックスのプロダンサーが教えてくれるということで、こちらと同じような感じかなと。こっちのほうが少しヤスカッタ。
オンライン&マンツーマン形式のダンスレッスン【スポともダンス】

まとめ

受講理由は不純でしたし解約してしまったのですが、受講してよかったと思っています。内容にも不満は無く、自分が子供なら受講したくなるような内容でした。長男のこの1年間、受講し
ないよりかは間違いなく家庭学習をしました。ただ今の長男には必要なかった。

辞めてからも今までの受講分はタブレットで使えるのですが、本人が全く触れようとしないのでクローゼットにしまい込みました。もし本人が成長して、また学習したいと意欲があれば受講したいと思っています。せっかくならスマイルゼミにしてみてもよいかも。田舎、僻地、共働きには通信教育、オンラインレッスンはありがたいです。



↑スマイルゼミも資料請求できます!
ちょっと見てみましたが、なんか良さそうw

コメント

タイトルとURLをコピーしました